なぜ車買取店に行く前に電話をすべきか

なぜ車買取店に行く前に電話をすべきか

車の買取店では、店頭査定を行っています。そこに車を持ち込めば、もちろん車の状態を見て査定金額を提示してくれる訳ですね。

 

ところで実店舗での査定を受ける前には、必ず電話を1本入れておいた方が良いと考えます。多くの買取業者は電話連絡をしなくても問題は無いと公式サイトでアピールをしていますが、私はそれでも電話を1本入れておいた方が良いと思うのです。それには主に2つの理由があります。

 

お店の混雑回避のために電話を入れる

 

まず1つ目の理由ですが、お店が混んでいる可能性が多々あるからです。お店が空いていれば問題はありませんが、必ずしも空いているとは限りませんね。もしかすると多くの方々がお店に詰め掛けていて、かなり混雑をしている可能性もあります。

 

しかし事前に電話で予約が取れれば、待たされずに車の査定を受ける事ができるでしょう。待ち時間などを考慮すれば、やはりお店に行く前に電話を1本入れておくのが正解だと思います。

 

お店を見極める為に電話をする

 

それと、業者の選別の意味でも電話連絡は必要だと思いますね。そもそも電話というのは、会社の質をよく反映しているものだと思います。

 

例えばあるお店の場合は電話対応はとても感じが良いですが、別のお店の場合はその逆だとしましょう。どちらで車を売りたいかと言われると、やはり前者ではないでしょうか。やはり気持ち良く取引を行いたいと思うのが、自然だと思います。

 

お店でスタッフの顧客対応のマナーなどを見ても、ある程度の見極めはできます。しかしお店に行くには、移動時間もかかりますね。それを考慮すれば、やはりある程度電話で見極めておいた方が効率が良いと思います。
10万キロ・10年落ち以上のクラウンアスリートの買取

 

このような混雑回避とお店の見極めという2つの理由で、車買取店に行く前に電話を1本入れておくのが良いと思う次第です。