ディーラーに車を売るメリットと移動手段

ディーラーに車を売るメリットと移動手段

車売却の為にお店に売るとなると、2つの選択肢が浮上します。ディーラーに売却をするか、買取の専門店のどちらかです。
車買取の情報サイトなどを見ますと、買取専門店の方がメリットが大きいと強調されている事がよくあります。その理由は、主に売却金額ですね。

 

ディーラー店の場合は、買取専門店よりも売却額は確かに低くなる傾向があります。なぜなら買取業者の場合は、ディーラー店よりも買い取りに関するノウハウが蓄積されている事が多いからです。

 

また買取専門店の場合は、車に関する知識が豊富な事も多いです。ディーラーよりも知識が豊富な査定士の方が、買取店には在籍している事も多いですね。知識が豊富な方が、買い取り額も高くなる傾向があります。

 

それを考慮すると、買取店の方がディーラーよりもメリットが大きいと思われるかもしれません。確かに売却額だけを考えれば、そのような一面もありますね。しかしディーラーにもメリットはあります。

 

ディーラーで車を買うと、買い替えの際にあまり不便を感じない事が多いです。例えば車Aを売却して、新たな車Bを購入する事を検討しているとします。このような時には、ディーラー店でBを買う前にしばらくAに乗り続けている事ができます。つまり移動手段に不便を感じることが無い訳ですね。

 

車の買取店の場合は、そうとは限りません。移動手段が無くなってしまう場合もあります。
ハイエース 買取

 

ただし車買取業者によっては、代車と呼ばれるサービスを提供している事がありますね。いわゆる無料レンタルのようなサービスですが、それを利用すれば確かに移動手段は確保できるでしょう。しかし全ての車買取業者にて、その代車サービスがあるとは限りません。移動手段の確保という側面から考えれば、買取店よりはディーラーの方がメリットが大きいと思います。